飲む日焼け止めってどんな形状をしているの?匂いは?

紫外線対策の救世主とも言える、近未来的な美容アイテムの“飲む日焼け止め”はサプリメントの中でもかなり優秀だと口コミが広がっています。

 

飲む日焼け止めを早速日常生活に取り入れたい、と思われる際にチョット気になるのが、どんな形で、匂いがどの程度で…といった飲みやすさに関する部分です。

 

サプリメントと言えば毎日継続して効果を引き出すものなので、やはり飲みにくいと感じてしまうような点があったら困ってしまいますよね。

 

そこで、こちらでは飲む日焼け止めの見た目や匂いなど、取り入れやすさにまつわる情報をお届けいたします!

 

飲む日焼け止めサプリメントの形状で多いのはどんな形?


サプリメントと言うと、多くの方が想像するのは丸い錠剤タイプなのではないでしょうか。

 

実際にリサーチしたところ、飲む日焼け止めサプリメントも錠剤タイプが非常に多く、特に国産のものはより小さい錠剤に拘って作られているものが沢山見受けられました。

 

一方で、横長のカプセルタイプも海外・国内両方で多く製造されているようで、こちらも錠剤に劣らず数々の製品が出回っているようですよ。

 

ほとんどはこの錠剤タイプかカプセルタイプで販売されているのですが、稀にスティック状に個包装された顆粒タイプのものもあることが分かりました。


それぞれにいい所がありますので、見ていきますと…

 

錠剤タイプは小さい分喉を通りやすく、カプセルタイプは水に浮くので下を向いていても簡単に飲めて、顆粒タイプはフルーツなどの味が付いているから美味しく取り入れられる、といった違いがありました。

 

また、顆粒タイプは水がなくてもどこでも飲めちゃう、というところもポイントが高いですよね。

 

有名どころを見て回ると、やはり錠剤タイプやカプセルタイプが圧倒的に多いので、どこを意識するかで選ぶ形状も変わってくるのではないでしょうか?

 

飲む日焼け止めサプリメントはどんな色をしているの?


飲む日焼け止めは、カラーバリエーションが非常に豊富なサプリメントの一種です。

 

例えば、茶色やピンク、白の錠剤タイプのものや、赤、緑、オレンジなどといったカラフルな原色に近いカプセルタイプのもの、白くてサラサラとした顆粒タイプ、といった具合に、製品によって全然違う色をしています。


丸くて小粒なピンク色だと、可愛らしいのでお菓子みたいな感覚で取り入れられる、なんていう方も多いのでは…と思います。

 

ですが着色料などを気にしているし、より自然な色合いの方が安心!といった方の場合は、ハーブ由来の緑や茶色のものをセレクトするのが良いですよ。

 

色の違いも大きいですが、ザラッとした質感のものと、ツルンとした光沢のあるものなど表面の加工方法もサプリメントごとに異なるようなので、もしお試しできるのであれば少しだけお取り寄せしてみたり、サンプルを貰ってみたり、口コミを参考にしてみると失敗が少ないかと思いますよ♪


飲む日焼け止めって匂いはあるの?


これも製品によって全然違うので、全くもって無味無臭といった飲む日焼け止めと、ハーブ系の独特な香り漂うものと存在するみたいです。


ハーブ系の匂いがどうしても苦手、という場合はやはり無臭のものを選びたいですよね。

 

しかし実は、より匂いが強いものの方が、加工の際に余計なことをしていない自然なサプリメントだという評価も一部でされております。

 

安全性はある程度確保されているとは言えど、より安心・安全なサプリメントを使いたい!といった方の場合は、匂いのある飲む日焼け止めを選ぶのがお勧めです。

 

逆にあくまで飲みやすさにこだわるのであれば、匂いが無く毎日飲みやすいというところに焦点を当てて購入するのがベストですね。


因みに、ハーブの匂いって具体的にどんなもの?と分からない方は、飲む日焼け止めに多く用いられる“ローズマリー”や“バジル”、“レモングラス”などのアロマオイルをリラクゼーション系列のものを取り扱うお店のサンプルで嗅いでみて、判断してみると分かりやすいですよ!

 

飲む日焼け止めはどんなパッケージに入っているの?


人によっては、旅行に持っていったり仕事の合間に飲んだりするようなケースがあると思います。

 

飲む日焼け止めは、大抵の製品が持ち歩きしやすいよう工夫されているようです。

 

例えばある飲む日焼け止めは、ジッパーで密封できるような、開け閉めもしやすいパッケージデザインになっています。

 

他の飲む日焼け止めでは、瓶の容器で、外からの影響を受けにくいよう包装されているもの、また薬のようにPTP包装シートと呼ばれるプラスチックとアルミで小分けされているようなものがありますね。

 

まるでインスタント珈琲のように、個包装されている顆粒のものも開発されていますよ。

 

容器のデザインは“いかにも”な感じの薬感漂うものと、エッ?サプリメントなの?といったようなお洒落なデザインのものがありますので、成分を比較すると同時に見た目も気にしてみてもいいかもしれません。

 

つい“パケ買い(パッケージデザインだけで購入を決めてしまうこと)”してしまう方も女性にとても多く、その理由にも頷けちゃうほど可愛いものがたくさん販売されていますので、持ち歩きやすさ・デザインの良さと成分を天秤にかけて検討してみてくださいね。

 

最後に


匂いや形状は好みが大きく分かれる部分ですので、買う前に絶対知っておきたいポイントとも言えますよね。

 

飲む日焼け止め開発者の方々も、その形状・匂いやパッケージにした理由はそれぞれあり、どの製品も様々な意見を取り入れて作られているので、ちゃんと自分に合ったものを選ぶというのがとても重要です。

 

また実際に飲んでみないと使用感は分からないので、いきなり大量買いせず、まずは数日分試してみて、後から追加購入するのもオススメですよ!

飲む日焼け止めには副作用があるの?健康被害は?

現代では医薬品・サプリメントの市場規模が年々拡大しており、技術の発展から安全基準も厳しくなっている傾向にあります。

 

“飲む日焼け止め”と呼ばれる紫外線対策のサプリメントも、特に国産のものは添加物や製造方法などあらゆる点に拘って作られていて、基本的な安全性は確保されているので誰もが簡単に取り入れられると評判です。

 

しかし、飲む方の体調や体質によっては、副作用反応が出ることも稀にあるので、念の為注意が必要とも言われています。

 

今回は、この“飲む日焼け止め”サプリメントに副作用はあるのか?健康被害が報告されているのか?について、丁寧にご紹介致します!


飲む日焼け止めの安全性はどれくらいのものなの?


まず、安全基準から紐解いていきます。

 

飲む日焼け止めサプリメントは、現在日本国内外で様々な種類が開発されていて、製品によって成分や製法が異なるので、全ての飲む日焼け止めを把握するのはとても大変です。

 

成分がそれぞれ違うとは言えど、飲む日焼け止めの商品説明に“植物由来”や“天然オーガニック成分”などの表記があれば、化学的な製品ではないと判断できますので安心感も高いですよね。

 

調査した結果、やはり日本製のものはこれらの表記が記載されている確率も高く、また“加工食品”という品目で売り出しているため薬とは違って副作用も出にくいよう工夫されていることが分かりました。

 

かと言って海外のものでも特に怪しいものを配合している訳ではなく、植物性のもので作られているのが殆どですので、99%程度は安心できると言えるのではないでしょうか。


飲む日焼け止めで引き起こされる副作用を知りたい!

 

飲む日焼け止めによって引き起こされる副作用で気をつけなくてはならないのが、アレルギー反応です。

 

食物アレルギーをお持ちの方は、飲む日焼け止めサプリメントが“食品”の仲間である以上アレルギーに気を配る必要があります。

 

例えば、外国産の飲む日焼け止めには、シダ由来の紫外線ダメージ軽減エキスが含まれていることが多いです。

 

このシダという植物ですが、アレルギーを誘発するものとして名が挙がっています。

 

日本ではあまり聞かないかもしれませんが、花粉症のような症状が出たり、アナフィラキシーショックを引き起こすことも稀にあり、他には消化不良や肌が痒くなるなどの諸症状が発生することもあるようです。


また、飲む日焼け止めは紫外線対策の成分以外に、美容効果をプラスしているケースが非常に多いです。

 

その美容効果を上げるために、果物や野菜などを配合している場合、同様に食物アレルギー反応が出る場合があります。

 

現段階で可能性があるものとして、リンゴ、桃、パイナップル、ザクロ、トマトなどが配合してある飲む日焼け止めが多数みられました。

 

それ以外には、加工の段階でエビやカニなどの甲殻類を配合している製品もあります。

 

甲殻類アレルギーは成人男性・成人女性のおよそ1.5%が発症している、非常にアレルギー患者が多いものです。

 

よって、甲殻類アレルギーの方は、甲殻類を使用していない飲む日焼け止めを選ばなくては危険が伴います。


飲む日焼け止めそのものに含まれている成分に加えて、例えばご自身の体調が悪い時や、アルコールと一緒に飲むなど誤った飲用方法をしてしまった時に、良くない方向へ作用してしまうケースがあるようですね。

 

重篤化することはほとんど無いのですが、軽い胃痛などを引き起こす可能性がゼロではないので、キチンとお水かぬるま湯で飲むようにし、万全な体調の日に活用するようにしましょう。


飲む日焼け止めの健康被害は報告されている?

 

今のところ、日本国内において、日本製の飲む日焼け止めを使用したことによる健康被害は報告されておりません。

 

しかし、アメリカなど海外を見てみると、シダによる痒みなどの副作用が出たという健康被害が報告されています。

 

これは、日本と違って海外では4歳を超えたこどもにも飲む日焼け止めを飲ませるという文化が根付いていることから、健康被害を引き起こす総数も日本より断然多いことが関係していると思われます。

 

日本人でも4歳を超えれば飲む日焼け止めを飲んで大丈夫、とは言われているものの、まだ身体の成長が途中のこどもにとって“確実に”安全とは言い切れませんので、注意すべきです。

 

妊娠中・授乳中の方は、特に胎児への影響が考えられますので、かかりつけの医師に相談した上で服用するか、その期間は服用しないようにするなど避けた方が賢明ですよ。


基本的に安全な飲む日焼け止め、その他に注意点はあるの?


あまりいないとは思いますが、効果を早く得たいからとサプリメントを過剰摂取してしまう方も中にはいらっしゃいます。

 

大抵の飲む日焼け止めは、連続して服用して良い時間(4,5時間~)や、総量(1、2粒前後)が定められており、それを超えるとリスクを伴うので危険です。

 

絶対に用法用量を守る、というのはサプリメント使用の鉄則ですね。

 

また、アレルギーなど気になる部分を全く調べずに服用するのは、良くありません。

 

海外製のものも、日本語訳で丁寧に成分が表記されていることが多いですし、そうなれば注意書きなどもよく読むべきです。

 

薬じゃないんだから、と軽視せず、体質に合っているか判断してから購入することが望ましいですよ。


最後に


サプリメントの副作用に関することで、保存方法にも一応触れておきますと、高温多湿の場所に容器を開けたままで放置したら成分が溶け出してしまった、なんて事例もあるようですので、正しい効果を得るためにいろんな部分に気をつけることが大切です。

 

最初は少量ずつ、大丈夫そうなら量を増やして、というのがベストな流れですので、健康と美容のためにも慎重に取り入れてみてくださいね!

飲む日焼け止めの飲み方や飲むタイミングは?

今や美白・美肌を求める人にとっては常識ともなっている“飲む日焼け止め”サプリメント。

 

その種類は様々ですが、どの製品も飲み方や飲むタイミングを間違えてしまうとキチンとした効果を得られないというケースがあるんです。

 

逆に、ベストな方法で飲む日焼け止めを利用すれば、最高の美容効果を得ることもできちゃいます!

 

さて今回は、飲む日焼け止めの“飲み方”と“飲むタイミング”にクローズアップして、詳しくご紹介致します♪

 

飲む日焼け止めを正しく飲む方法を知りたい!


飲む日焼け止めは、基本的に薬ではなく、美容サプリメントです。

 

サプリメントだからこそ副作用は少ないものの、偏った考えにより飲用方法を誤ると思わぬトラブルになりがちなので気をつけましょう。


まず基礎的なことですが、飲む日焼け止めを飲む時には必ず“水かぬるま湯”を使うことが大切です。

 

お茶や珈琲などカフェインが含まれているものは危険性が高いですし、ジュースなどは糖質が高いので美容を求める方にとってはお勧めできません。

 

お水かぬるま湯の中でも、極力サプリメントの成分を破壊しにくい“軟水”をセレクトすると安心感が高まりますね。


また、今のところ国内で副作用による健康被害が報告されている飲む日焼け止めはありませんが、種類によってはアレルギー成分を含んでいるものがあるのでご注意ください。

 

エビやカニなどの甲殻類、モモ、リンゴ、シダ、バイナップルなどが例として挙げられます。

 

元々アレルギー体質の方は、検査をしてから飲むようにし、また最初に取り入れる際にも限度量までいきなり飲むようなことはしないように心掛けてくださいね。

 

因みに、妊娠中・授乳中の服用に関しては胎児への影響が懸念されますので、できれば控えておきましょう。

 

飲む日焼け止めは、ほとんどが錠剤やカプセルのサプリメントです。なので、味や匂いも感じにくく、誰でも気軽に飲むことができます。

 

海外ではかなり前から子供の日焼け対策にも用いられているほど、安全基準が高いサプリメントとみなされておりますので、比較的安心して毎日飲めるアイテムだと言えますよ。


飲む日焼け止めを飲む最善のタイミングを教えて!


飲むタイミングは飲む日焼け止めの種類によっても異なりますが、多くの製品は“日光を浴びる30分前”までに飲むことが推奨されています。

 

飲む日焼け止めは飲んでから30分後に効果が出始め、その後5時間前後は効果が持続するとされています。

 

なので、できれば家を出る前にタイミングを見計らって飲む、というのがお勧めです。


また、紫外線を受ける時間が長い日や強い陽射しを浴びる日は、5時間前後経った頃に追加で飲むという方法もあるようです。

 

この場合、各飲む日焼け止めによって1日(1回)あたりの推奨限度量が定められていますので、それを超えないように飲むことを忘れないでくださいね。


例えば、ある飲む日焼け止めは、朝に1カプセル飲んで、5時間前後経った頃に追加でもう1カプセル飲めば、丸1日効果が続く、という説明がされています。

 

あまり多量に飲むようなものはありませんので、効果を確実に得たいからといって飲み過ぎないようにしましょう!

 

最善のタイミングは“日差しを受ける前”ですが、飲む日焼け止めは紫外線を浴びた後でも効果を発揮してくれるところがありがたいポイントです。

 

油断して飲み忘れてしまった…なんていうウッカリさんでも、きちんと紫外線ダメージを軽減させてくれますので、諦めずにカバーしておくのがお勧めですよ♪

 

より効果をアップさせる飲み方はあるの?

 

飲む日焼け止めサプリメントを折角試すのであれば、どうせなら確実に100%の効果を得たい!という方がほとんどなのではないでしょうか。

 

そんな方に朗報です。飲む日焼け止めを取り入れて、より美肌&美白効果を得られる方法をお伝えします。

 

まず、飲む日焼け止めには、美容成分が含まれているものが多いことを知っておきましょう。

 

例えば、トマトに含まれていることで有名な“リコピン”が配合されている飲む日焼け止めは、紫外線のダメージ対策だけではなくメラニン生成を抑制する働きが強いものとも言えます。

 

そんなリコピンは、実は夜に摂取した方が効果を得やすいことが実験によって解明されています。

 

皮膚下のコラーゲンを保護する作用を持っているので、寝ている間に身体中に浸透して、翌朝にはお肌の細胞が活性化している状態になれる、という仕組みです。

 

なので、リコピンを含む飲む日焼け止めを利用するのなら、朝飲むことに加えて夜もう一度飲む、という方法がベストでしょう。


他にも、ハーブ由来の飲む日焼け止めサプリメントは、ストレスを緩和してホルモンバランスを整え、肌への負担を軽減する働きを持っています。

 

朝一度摂取した後に、外勤で過労を感じたり、重労働でストレスが溜まっていると感じ始めたら、時間が空いたことを確認してまた追加で、というやり方も“アリ”です。


それぞれの飲む日焼け止めには、紫外線対策以外の付加価値がプラスされていることが多いですので、よく成分を見て自分が飲むものに合わせたタイミングで取り入れるといいですよ!


サプリメントを飲みやすくする魔法のような方法を知りたい!


そもそも、サプリメント自体が苦手だから、塗る日焼け止めしか使えない…とお悩みの方には、飲みやすくする方法をお試し下さい!


錠剤やカプセルは、まず一度お水かぬるま湯で喉を潤して、通り道を作ることでスムーズに流れるようになります。

 

また錠剤タイプは上を向いて、カプセルタイプは浮く性質を持っているため下を向いて飲むのがお勧めです。


どうしても固形のものを勢いよく飲むことができない、といった方は、飲む日焼け止めをオブラートに包んでから水に少し濡らして飲むと、ゼリーのようにツルッと飲めるパターンもありますのでお試しあれ。

 

水を含んだ後頬をプクーッと膨らませた状態で、空気ごと飲む日焼け止めを飲み込む、という裏技もあります。


サプリメントは“慣れ”もありますので、毎日の習慣にすればいつの間にか“当たり前”になっているという日が来るのではないでしょうか?


最後に

 

飲み方やタイミングを知っておかないと、効果が半減、もしくは強く出過ぎて思いもよらぬトラブルを引き起こす可能性があります。

 

妊娠中の人・授乳中の人・乳幼児以外は特に“絶対この時間は飲んじゃダメ!”といった制約はありませんが、やはり美容効果を求めるのならベストタイミングを狙って取り入れるべきですよね。

 

上手に利用して、紫外線に負けない強い美肌を作っていきましょう!

飲む日焼け止めの成分を知りたい!

手間を省いて日焼け止め効果をグンとアップさせることができる、飲む日焼け止め。

 

サプリメントなので身体にも優しく、副作用も比較的出にくいとされており、若い女性だけではなく男性やお子様など幅広い層に広まっているので近年大注目されているんです!

 

そんな飲む日焼け止めですが、具体的にどんな成分が含まれているのか?その成分はどのような働きを持っているのか?分からないことも多いのではないかと思います。

 

そこで、コチラでは皆さんが気になる飲む日焼け止めの成分について、詳しくご説明致します!

 

飲む日焼け止めの主成分はコレ!

 

製品ごとに色々なこだわりがあるため、全ての飲む日焼け止めにこの成分が必ず入っています!とは言い切れないのですが、大体の飲む日焼け止めには特定の“紫外線によるダメージを軽減”する成分が入っています。

 

その中でも特に多くの製品に含まれている成分をチョイスして、まとめてみました。


ニュートロックスサン

 

これは、体内の“活性酸素”を撃退する働きを持つ、有効成分です。

 

紫外線を浴びると活性酸素が増加してしまうのですが、実は活性酸素が増えると老化が進んで肌トラブルを続出させる原因にもなってしまうんです。

 

そこでその活性酸素を除去してくれる“ニュートロックスサン”を飲むことで、紫外線の影響を約半分に減らしてくれ、結果的に日焼けをしにくい体質へと変わるようになります。

 

ローズマリーの葉やシトラスなどから抽出した天然のポリフェノールですので、身体にも安心して取り入れることができる成分とも言えます。

 

特に国産の飲む日焼け止めにはこの成分が配合されていることが多く、逆に配合されていない飲む日焼け止めサプリメントは日焼け止め効果が薄いという評価も一部でされていますので、ニュートロックスサンが含まれているかどうかは選ぶ基準の一つともなるでしょう。


フェーンブロック(FernBlock)

 

外国産の飲む日焼け止めに配合されていることが多く、特許も取得されている薬草由来の成分がこちらです。

 

植物のシダから抽出したエキスを凝縮させているので、紫外線からお肌を守る以外にもアルツハイマーなどの精神的疾患の改善に役立つ他、免疫疾患や喘息などあらゆる病気を治す働きを持つ成分でもあります。

 

紫外線での光老化は皮膚の細胞を破壊されることにより進んでいくのですが、このフェーンブロックには細胞の破壊を食い止める作用があるので、シミやシワを作らせない強い肌へと導いてくれるのです。

 

シダという植物はアレルギー反応が出るというデータもありますので完全に安心できる成分ではないのですが、それでも植物由来であることから多くの人に利用されていて、実績も十分にあります。

 

ハイチオンエキス

 

日焼け止め効果の中でも、“メラニンの生成を抑える”ことができるのがこの成分です。

 

身体に蓄積される毒素をスムーズに排出できるよう促してくれますので、シミやシワ予防の他にも肝機能向上などの働きを持っています。

 

ビタミンやミネラル等数々の栄養素の吸収率を高め、効率的に蓄えられるようにしてくれますので、美容と健康どちらにもアプローチできる成分とも言えますね。

 

酵母エキスが主成分ですので、皮膚炎や角膜損傷、炎症の出る色素沈着にも優しく作用してくれます。

 

ハイチオンエキスには“グルタチオン”という成分も含まれており、これは肌の保湿力の向上やキメを整える効果も期待できる成分ですので、かなり幅広い面で役立つでしょう。

 

飲む日焼け止めの付加成分は何があるの?

 

飲む日焼け止めサプリメントには日焼け止め効果をもたらす成分だけではなく、あらゆる美容・健康効果を発揮する成分まで満遍なく配合しているものが多いので、見逃せません。

 

それでは、日焼け止め成分以外に含まれている有効成分についてもお伝えしてまいります。


リコピン

 

身体の酸化を防ぐことでも有名なリコピンは、多くの飲む日焼け止めにも配合されているようです。

 

抗酸化作用が、紫外線のダメージを沈めて、若々しいお肌を保つのに役立ちます。


ブライトニングパイン

 

美白効果もある、セラミド原料の成分です。

 

お肌の保護機能向上効果や保湿効果もありますので、美肌を目指す方にお勧めですよ。


ペプチド、グルコサミン

 

皮膚のターンオーバーをサポートする働きを持ち、ヒアルロン酸の生成を促進させてくれます。

 

潤いキープ力をアップさせてくれますので、乾燥肌の方は特に摂取しておきたい成分です。


プラセンタ

 

様々なビタミン・ミネラル・アミノ酸が含まれているので、代謝を向上させ健康的な肌へと生まれ変わらせてくれます。

 

植物系のプラセンタを選べば、アレルギーを回避することも可能です。


ザクロエキス

 

“飲む女性ホルモン”とも呼ばれており、“エストロン”が含まれているため不規則な生活を送る方にも役立つ美肌成分です。


リンゴベリー

 

“お肌の漂白剤”という通称があるほどの美白成分です。

 

抗酸化作用に加えて、メラニン生成をストップさせる効果も持っています。

 

これらの他にも、


クロセチン、マリーゴールド、グアバ、レモン、バジル、アムラ、セスバニア、カロテンなど炎症を鎮めて肌を綺麗にしてくれる有効成分を配合した飲む日焼け止めが多数開発されております。

 

毛穴を引き締めて血行を促進させる効果があるからか、様々なハーブを取り入れているものが多いようです。

 

また漢方的な役割を持つ“ヘスペリジン”は、身体のめぐりを良くする効果がありますので、日焼け対策だけではなく美容のトータルサポートが見込めますよね。

 

最後に


基本的には、飲む日焼け止めサプリメントは“ニュートロックスサン”を含むタイプと“フェーンブロック”を含むタイプのどちらかに分かれます。

 

それぞれメリットがある成分ですので、体質に合うかを見極めて上手に生活に取り入れていけるといいですね。

 

いずれにしても飲み続けるほどに効果が上がるというものですので、長い目で見て体質改善を目指すのがお勧めです。

 

内側からお肌を保護できる飲む日焼け止め、活用してみてはいかがでしょうか?

飲む日焼け止めの選び方を教えて!

身体の内側から美白へのアプローチができる“飲む日焼け止め”は、現在種類も多数になっており選ぶ際に迷ってしまう方もしばしば見られます。

 

サプリメントである以上、購入する基準は自分の判断に委ねられるので、買ってから後悔したくない…!と思われる人も多いのでは?

 

より副作用が出にくいものを、より安価なものを、効能のバリエーションが多いものを、などなど…ご自身が求める条件に合った、ベストな飲む日焼け止めを選びたいですよね!


そこで今回は、飲む日焼け止めの“選び方”についてお伝えしてまいります。


飲む日焼け止めサプリメントを選ぶ基準は?


薬であれば医師が処方してくれることも多いですし、ある程度的を絞って“コレ!”と決めることができるのですが、サプリメントとなるとその判断も難しいですよね。

 

そこで、サプリメントを選ぶ際にどのようなポイントがあるのか?について、まずご説明致します。


まず、最初に皆さん気になられるのが、サプリメントの“価格”です。

 

安物買いの銭失いにはなりたくないけど、やはり安くてイイ物があればそれに越したことはないと思います。


飲む日焼け止めサプリメントは毎日継続して飲み続ける事によって効果を最大限に発揮することができますので、その分1日あたりのコスト面について調べることで、購入する基準が見えてくることも多いです。


次に、“成分”です。

 

飲む日焼け止めの中には、日焼け対策の成分のみを配合したものと、それ以外の美容成分も含んでいて幅広効果を得られるものが存在します。

 

どうせサプリメントを飲むのであれば、いろんな効果を一度に得たい!と思われるのか、それとも他の美容効果は間に合っているから日焼け止め成分だけ得られればいいや、という状態なのかによって、選ぶものが変わってくるでしょう。


あとは、“副作用の出やすいものかどうか”などが挙げられます。

 

元々アレルギー体質の方は、アレルギー成分を含んでいる飲む日焼け止めを避ける必要があるんです。

 

どうしてもその飲む日焼け止めを使用したい…と強く望まれていても、アナフィラキシーショックなどを引き起こしてしまっては大事件です。

 

安全性は殆どの飲む日焼け止めにおいて確保されており、成分開示も適切に行われているはずなので、購入する側としてもよく調べてから選ぶ必要がありますね。


上記の安全性についてのことと少し被りますが、国産か外国産か、という点も選ぶ基準になります。

 

国産のものは日本人の体質に合ったものとして製造されており、外国産のものは日本人でも問題なく使えるものと、少し効果が強く出過ぎてしまうものがあるようです。

 

また国産のものであれば、何かトラブルがあった際にカスタマーサポートがしっかりと対応してくれますので、その部分も安心に繋がりますよね。

 

決して外国産が“悪”という訳ではないのですが、“より取り入れやすい”という面だけ考慮するとどうしても日本で作られたものの方に軍配が上がります。


その他には、カプセルタイプか、錠剤タイプか、など自分が飲みやすい形状なのかどうかを基準に選んでみるのもひとつの手です。

毎日飲む作業が苦痛になってしまっては元も子もないので、飲みやすさは結構重要なポイントなんですよ。

 

具体的に、飲む日焼け止めの価格帯はどれくらいの差があるの?


価格を基準に選びたいという方は、その差がどの程度のものなのか気になりますよね。

 

例えば安いものを見ると、1袋980円くらいで手に入るものなどがあります。

 

特に、初回限定で割引を行っている飲む日焼け止めですと、さらにお安くゲットできることまであるみたいですね。

 

上を見ればキリがないですが、やはり1袋あたり7000円近くする製品まで販売されていることが確認できました。


一応安いものでも高いものでも、体質にさえ合っていれば効果をしっかり得られることが多いのですが、よく調べずに購入してしまった場合、体調を崩してしまい無駄になってしまう…なんてことも少なくありません。

 

必ず価格に惑わされず、成分までしっかりと把握した上で購入してくださいね。


あとは、1袋あたりにどのくらいの量が入っているのかにも注目する必要があります。


安い!と思って飛びついたら内容量が1週間分しか入っていなくて、高価かな?と思った方よりも結果的に高くついてしまったらショックですよね。

 

内容量や1日にどのくらい飲めば効果を得られるのかは、コストに大変影響する部分ですので、キチンと調べてから手に取るようにしましょう。


因みに、サプリメントは1ヶ月あたり4000円前後に収めると、家計への負担になりにくいとされていますので、1ヶ月(1日)あたりの値段を計算してみるのもいいかもしれません。

 

天然成分か?化学成分か?を見分けるポイントはあるの?


安全性重視で選びたい方にとって、天然成分で作られているのかどうかが大きなポイントになります。

 

しかし、商品のキャッチフレーズなどを確認したら“天然”や“オーガニック”などという文字が書いてはあるものの、なんだか信用できない…なんて方もいらっしゃいますよね。

 

そこで、飲む日焼け止めサプリメントの見た目から判断できる天然成分見分けポイントをご紹介いたします。

 

例えば、色はものによって大きく違うところです。

 

飲む日焼け止めは、白いものや茶色いもの、製品によっては緑やオレンジのものまであります。

 

実は、サプリメントは見た目通り、自然な色合いのものほど天然成分だけで作られている可能性が高いものなんです。

 

色がカラフルなものは着色料などを使って色を付けていることも懸念されますし、可愛さ重視で製造されているケースも少なくありません。

 

シンプルなものは、見た目は劣りますが、安心して使用できるかを考えるとシンプルイズザ・ベスト、となるんですね。

 

また、サプリメントの匂いも見分ける基準になります。

 

匂いが少ないというのは飲みやすさに関係してくるので、少なければ少ないほどイイ、と思われる方も多いと思いますが、匂いがあるものほど天然成分を使っていることが多いというデータもあります。

 

野菜やハーブなど、栄養素を破壊せずそのまま詰め込んでいる分、安全性が高いんです。

 

飲みやすさではなく安全性・効果で選ぶのであれば、商品レビューなどを確認して匂いの有無を調べ、あえて匂いのある方を選んでみましょう。


最後に


飲む日焼け止めは大体がちゃんとしたものから作られているのですが、中には日焼け止め成分がチョット少ないのではないか?というような製品も実はあります。


ニュートロックスサンやフェーンブロックが日焼け止め成分としては有名ですが、これらが含まれていないものであれば、それ以外のなんという成分が含まれているのか?それはちゃんとした効果が確証されているものなのか?まで分からなければ、選ぶ際に不安が募りますよね。

 

値段で選ぶも良し、成分で選ぶのも良しですが、結局はその飲む日焼け止めが“信頼できるものなのかどうか”が一番のポイントとなってきますので、できれば即決せず色々と比較しながら決めるのがいいですよ♪

飲む日焼け止めはどこで購入することができるの?

飲む日焼け止めと称される日焼け止め効果の高いサプリメントが、手軽に取り入れられる美白アイテムとして今美容業界を賑わせています。


そんな飲む日焼け止めサプリメントですが、実際にどこで、どのような方法によって購入することができるのか、詳しく知らない方も多いはずです。

 

ドラッグストアやインターネットなど、購入できる場所は無数に考えられますので、探す手間を考えると億劫になってしまうなんてこともありえますよね。

 

そこで!今回は、飲む日焼け止めサプリメントを購入できる場所、またそ購入方法について、詳しくご紹介致します♪

 

飲む日焼け止めを手に入れるにはここを訪れてみて!

 

一番手っ取り早く調べられるのは、インターネットでの通信販売サイトです。

 

調査したところ、むしろインターネット上で購入できない飲む日焼け止めの方が少ないのではないか…と思うほど、ほぼ全ての製品がネット販売を設けておりました。

 

国産の飲む日焼け止めは、専門の公式サイトを作っていることが多いので、殆どの場合はそのサイト内の購入ページから手続きできるようです。

 

一方で外国産のものは公式サイトが見つかりにくく、Amazonや楽天など大手ショッピングサイトに“海外直送品”や“並行輸入品”などと記載して並べられているのが多いみたいですね。

 

もちろん国産のものも、大手ショッピングサイトと公式サイトどちらでも購入できるよう設定してくれている製品がありますので、もしポイントを貯めたいなんて考えられている方はそちらを利用してみてもいいかもしれません。


また、今直ぐにでも手に入れたい!という方にとっては、ドラッグストアが一番身近な購入場所ですよね。

 

一応数は少ないですが、2016年からドラッグストアでも飲む日焼け止めを取り扱っているようで、一部の量販店にも置いてあることがあるようです。

 

置いてある理由としては、“インターネットから口コミで広がり様々なランキングに入賞したことから、ドラッグストアや量販店でも取り扱うよう決めた”と発表されています。

 

バラエティショップなどでも発見できる可能性がありますので、念の為訪れる際に連絡して置いてあるか確認してみると良いでしょう。


安心感を求めるのであれば、やはり病院やクリニックで手に入れられるのがベストですよね。

 

これも、皮膚科医が推奨している一部の製品において、美容皮膚科などで取り扱っているのが確認できました。

 

その際には診察が必要な場合もありますので、一度各医療機関に聞いてみてくださいね。

 

飲む日焼け止めの購入に、配送料はかかるの?

 

インターネット販売の場合、気になるのが配送料ですよね。

 

もし飲む日焼け止めそのものを安く手に入れることができたとしても、配送料をプラスすると結局コストが抑えられていない…?という気持ちになる人だって多いはず。


配送料ですが、国産の飲む日焼け止めはかなりの割合で送料無料を掲げていることが多く、外国産のものはやはり輸入している分配送料がかかってしまいがちであることが分かりました。

 

製品によって変わりますが、ポスト投函やメール便のものであれば送料無料、3個セット購入なら送料無料、初回限定送料無料、定期コースを契約すればずっと送料無料、などいろんなパターンがあるようです。


ドラッグストアや医療機関などを訪れるのは時間も手間もかかってしまいますので、そこを短縮しつつお安くゲットできるのであればそれに越したことはないですよね!

 


どこで購入するのが一番お得なの?


製品によって値段もバラバラですので、一部のものに的を絞って比較してみました!

 

まず、ドラッグストアでもインターネットでも購入できる製品を見てみると…

 

大手ショッピングサイトではどこも送料別で2000円程度、ドラッグストアでも送料はないにしろ同額程度するようですが、公式サイトを見てみると、定期コースをご購入した方は送料無料で、同じ量あたり820円程度で購入できるようです。

 

また、インターネットのみで販売している飲む日焼け止めを見てみますと、大手ショッピングサイトの定価では7000円近くするようなものが、公式サイトなら初回に限り送料無料で980円!というような破格の値段で出しているものまでありました。

 

公式サイトを設けている場合は、ほとんどが公式サイトで購入すればお得になるよう値段を設定されているみたいですね。

 

もちろんどうしてもショッピングサイトのポイントを貯めたい!ポイントを使って買いたい!というような方もいらっしゃると思います。

 

最初の値段を抑えたいか、ゆくゆくのポイントに焦点を当てるかなどによって購入する場所が変わってきますので、よく考えた上で手に入れるようにしましょう!

 

飲む日焼け止めを購入する方法は?


ドラッグストアで購入する場合、レジに持っていくだけなのでこれなら誰でも安心ですよね。

 

ただ、飲む日焼け止めはサプリメントですので、薬品コーナーを探すと見つからない可能性があります。

 

美容コーナーやサプリメントコーナーを探して、どうしても分からなければスタッフの人に伺いましょう。


インターネットの場合は、色々なパターンがあります。

 

大手ショッピングサイトでしたら、大手ショッピングサイト自体に個人情報を登録して、クレジットカード決済か、コンビニ決済か、など決済方法をセレクトして、あとは購入ボタンを押せば完了です。


公式サイトの場合、サイト自体に載せられている専用フォームを使って購入する必要があります。


製品によっては、公式サイトの会員になることで次回からの入力を省略できたり、メールマガジンを受け取れるよう設定できるものもあるようです。

 

美容皮膚科などで手に入れるのであれば、飲む日焼け止めだけを購入できる場合と診察を一度受けてからでないと購入できない場合がありますので、よく調べてから受診するように心掛けてくださいね。


どの方法も、それほど時間を要することのないものではありますので、尻込みせずまずはお試ししてみましょう♪


最後に

 

女性であれば美容サプリメントを買うのにも抵抗がないと思いますが、男性の場合は抵抗を感じる方も中にはいらっしゃいますので、そんな時にインターネット販売を利用できるのは嬉しいですよね。

 

インターネットが苦手で…といった方の為に、ちゃんとドラッグストアにまで飲む日焼け止めは進出していますので、幅広い世代の方が愛用できるサプリメントとなっているようです。

 

また、化粧品会社が出している飲む日焼け止めの場合、化粧品会社の専門ショップで取り扱いがありますので、いつも使っている化粧品を買うついでにゲットするのもイイのではないでしょうか?


いずれにせよ気軽に試せるアイテムですので、是非チャレンジしてみましょう♪

国産の飲む日焼け止めと外国産の飲む日焼け止め、何が違うの?

多くの食べ物を輸入している日本にとって今は、外国産のものを口に入れるのが当たり前の時代へと移り変わってきています。

 

もちろん食べ物以外にも洋服や化粧品、電化製品など様々なものが出回っていますが、実は飲む日焼け止めサプリメントも外国産のものが結構多いんですね。

 

国産のモノの方が安心!と思われる方が比較的多いようですが、外国産が完全なる“悪”ではなく、それぞれにメリット・デメリットがあるので決めつけてはいけません。

 

実際国産の飲む日焼け止めはどんな特徴があって、外国産のものと異なる点はどこなのか?気になりますよね!

 

こちらでは、飲む日焼け止めに関する国産・外国産の違いについて、まとめてみました!


国産の飲む日焼け止めの特徴を知りたい!

 

国産の飲む日焼け止めは、その名の通り国内で生産されたものであるため、日本での基準に合わせ、日本人の体質を考慮して作られています。

 

なので、安全性も高く、副作用が出る心配も少ないと言えます。


また外国産のものは輸入している分関税が掛かってしまうため、1袋あたりの値段が高価になりがちですが、日本のものはそれが無い分安く抑えられている点もポイントが高いです。

 

製品によって値段は大きく変わるのですが、複数個購入すると割引されるシステムが導入されていたり、送料無料になるなどサービスが行き届いているのも国産の特徴として挙げられます。


国産のものは、“ニュートロックスサン”という日焼け止め成分を主として作られていることが多いのですが、これは元々美容皮膚科だけで取り入れられていた成分ですので、身体に優しく作用するのに紫外線のダメージを60%近くカットしてくれるという業界でお墨付きの注目成分なのも嬉しいですよね。


中には果物や甲殻類などが配合されているためアレルギーを引き起こすことが稀にありますが、今の段階で国産の飲む日焼け止めを使用したことにより報告されているアレルギー患者はおらず、日本語で成分を丁寧に記載されているため事前に身体に合わないものは回避しやすいところも安心材料としてプラスされます。


基本的な効果は外国産とほぼ同じなのですが、国産の方が他の美容効果も併せ持っていることが多く、一つの飲む日焼け止めサプリメントで色々な健康効果を得ることができる部分も、ちょっと異なる点なのではないでしょうか。

 


外国産の飲む日焼け止めの特徴を知りたい!

 

外国産の飲む日焼け止めは、国産のものではあまり取り入れられていない、細胞が受けるダメージを阻止して精神疾患や喘息の改善などにも効果的な“フェーンブロック”という成分を主として作られていることが多いところが特徴的です。

 

これはシダから抽出した成分なのでシダのアレルギーがある方は要注意ですが、植物由来ではありますのでそこまでの心配はいりません。

 

特許も取得されている“薬草”なので、サプリメントとしての安全性は確保されている成分と言えます。

 

ただし、その他の成分については基準が外国のものに基づいて作られているため、日本では推奨されていないものを使用している可能性もゼロとは言い切れません。

 

また外国の方に焦点を当てて生産されていますので、小柄な日本人が飲むと効果が強過ぎてしまい副作用が出る恐れもあります。

 

それでも皮膚科の医師が監修して作られた製品が多いので、外国産でも副作用の報告は今の段階では無いようです。


日差しの強い海外の紫外線を受ける予定のある方にとっては、外国産の方が効果をきちんと発揮出来るということもありますので、海外旅行や出張など今後のスケジュールに合わせて取り入れていくのが良いでしょう。


あとは、サプリメントとして見た目が少し国産のものと異なります。

 

国産のものはシンプルで白い錠剤やカプセルが殆どなのに対して、外国産のはオレンジや緑などカラフルで毒々しい見た目のものが多いという一面もあります。

 

また錠剤やカプセルも割と大きめに作られているので、飲みにくさを感じられる方も中にはいらっしゃるようです。


それらの部分を考慮しても、フェーンブロックという抜群の効果を得られる成分が配合されているので、必要な時だけ使用するなど工夫すればコストパフォーマンスは非常に高いものとされています。


国産のものと外国産のもの、どちらを使うべき?


どちらも上手に使えばちゃんと日焼け止め効果を発揮してくれるため、中々選ぶのにも迷ってしまって困りますよね。

 

そんな時は、用途ごとに使い分けたり、体質によって飲むものを変えると良いですよ。


例えば、今後もずっと日本に住むつもりで、出来るだけ費用を抑えて日焼け対策をしたい!といった方は、国産の方がお勧めです。

 

安価でありつつ日本で受ける紫外線の影響を減らすことが出来るので、国産を選んでおけばまず問題はないでしょう。

 

次に、海外旅行が趣味で、普段の仕事も海外に行くことが多く、アレルギー検査も何も引っかからなかった、という方は、外国産の方が効果を得られる場合が多いです。

 

国産のものでは海外の環境までカバーしきれないケースもありますので、心配であれば医師に相談してから外国産を選んだ方が得策だと言えます。


また日焼け止めだけではなく美肌効果やアンチエイジング効果も狙ってサプリメントを飲まれる方は、国産のもので様々な成分を配合した製品を選ぶのがピッタリです。

 

逆に、他の効果を得なくていいから日焼け止めの効果だけを得たい方にとっては、外国産のものを取り入れるのが生活習慣に合います。


“国産”“外国産”と一言で言っても国産だけど外国産寄り…?といったものや外国産だけど国産と同程度の安全基準で作られているものなど種類は沢山ありますので、しっかりと自分の目で見て確かめてから使用を開始すると失敗が無いですよ!

 

最後に

 

飲む日焼け止めを選ぶ際の注意点として、“ニュートロックスサン”と“フェーンブロック”どちらも含まないものが販売されているということをよく理解しておかなくてはならない部分があります。

 

今の段階で紫外線の影響を受けにくくする作用を持つのはこの2成分が軸となっており、それ以外にも“ハイチオンエキス”という成分がメラニン生成をブロックする効果があるとされていますが、紫外線の炎症に作用するかというとそうではありません。

 

なので、飲む日焼け止めサプリメントと大きく掲げているのによくよく見たらただのビタミン剤…?なんていうことも少なくありませんので、効果を必ず得たいのであれば主成分に注目して調べてみてくださいね。

 

因みに、ものによっては返金保証が付帯していることもあります。

 

実際に飲んで効果を確かめてみないと継続して飲用をするのを決断できない…!とお悩みの方は、一度こちらの保証を頼りに試してみるのもお勧めですよ!